AIST 国立研究開発法人 産業技術総合研究所

このサイトは国立研究開発法人産業技術総合研究所が管理・運営する申込みサイトです

第34回地質調査総合センターシンポジウム「防災・減災に向けた産総研の地震・津波・火山研究-東日本大震災から10年の成果と今後-」

 2011年東北地方太平洋沖地震を契機として、国土強靭化が強く意識されるようになりました。昨年12月に閣議決定された「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」では、活断層・火山情報の解析・評価、集約・情報提供が重要施策の一つとして取り上げられています。また、令和3 (2021)年5月31日に公表された第3期知的基盤整備計画においても、国土強靭化に向けて活断層・火山情報の収集・評価と情報提供が重点化・加速化すべき政策とされています。
 産総研では地質調査総合センター(GSJ)が中核となって、国土強靭化に関する研究を実施しています。今回のGSJシンポジウムでは、こうした社会の流れとGSJが主に2011年以降に進めてきた地震・火山に関する研究を踏まえて、今後の研究の方向性について紹介します。また、国や自治体における取り組みについて、2件の基調講演も予定しています。

氏名 【必須】
かな 【必須】
メールアドレス 【必須】
メールアドレス 確認用 【必須】
都道府県 【必須】
職業 【必須】
所属

★CPD単位取得希望者は必須

CPD単位の取得

★CPDの詳細については次のURLをご覧ください(https://www.gsj.jp/researches/gsj-symposium/sympo34/sympo34-CPD.html)

本シンポジウムをどちらでお知りになられましたか?
講演への質問がございましたらご記入ください(最大300文字)。