産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

防災・資源【インフラ診断・非破壊検査】

アスファルト下の小さな穴も見つけます
アスファルト下の小さな穴も見つけますコンクリート内部を可視化する後方散乱 X 線検査装置●● X 線の反射を使うので片側からのアクセスで測定●● 屋外で持ち運びできる大きさ、 重さの装置(約 1 m、 300 kg)●● 最先端の電子加速器と放射線計測技術を使用現場に持ち出せる加速器(テーブルトップCバンド加速器)電子加速器の技術■■後方散乱X線検出器(一次元マルチスリットX線検出器)放射線計測の技術X線の利点である高精細画像と、電磁波レーダーの利点である片側アクセシビリティの簡便性を併せ持つ後方散乱 X線イメージング装置を開発高エネルギー小型X線発生装置と検出器を開発するとともに、それらを移動装置に搭載● 関連技術分野:インフラ診断、非破壊検査、高速道路、道路メンテナンス、橋梁● 連 携 先 業 種:サービス業、サービス業、運輸業、サービス業、運輸業