産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

防災・資源【資源】

電流を使って地下の資源や環境を的確に把握する
電流を使って地下の資源や環境を的確に把握する様々な地質環境に対応するカスタムメイド電気探査●● 調査地の特性や探査の目的に合致した電気探査装置の製作●● 様々な地質環境での電気探査の適用と比抵抗構造の解析・解釈●● 広域・迅速・非破壊・低コストの地下調査とモニタリング技術カスタムメイドした電気探査装置の性能と調査例電気探査 最大電 最大電 チャンネル数電源圧(V) 流(mA) 内蔵 外付装置推奨される調査(調査例)AES-3080030000200 AC100V 深度1 km程度までを対象とした電気探査や長期モニタリング(資源探査,地熱貯留層モニタリング)AES-64004000100 AC100V 深度50~100 m程度までを対象とした電気探査やモニタリング(土木調査や地下水調査,比較的浅部の資源探査)AES-6A35010000509 AC100V 低比抵抗地域での深度50~100 m程度までを対象とした電気探査やモニタリング(土木調査や地下水調査,粘土鉱物や金属鉱物の調査)AES-6L30020064128 DC12V 深度数10 mを対象とした電気探査やモニタリング(土木調査や地下水調査),アクセスの悪い場所での調査(坑内調査)AES-6V8004064AES-72004006504000200012300128 DC12V 高比抵抗の地盤・岩盤の調査(不飽和層の調査やモニタリング,岩盤の亀裂調査)低比抵抗域での深部数100 m程度までを対象とした電気探査やモニタリ509 AC100V ング(金属鉱物や粘土鉱物の探査,深度数100 m程度までへの流体圧入実験)● 関連技術分野:物理探査、計測技術、地質調査● 連 携 先 業 種:鉱業、建設業、製造業(電気機器)