産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

防災・資源【産業立地】

陸から海へとつながる自然由来の重金属評価基盤情報
陸から海へとつながる自然由来の重金属評価基盤情報地球化学図 元素濃度で見る日本●● 日本全国の元素の分布が一目でわかる 53 元素の元素濃度マップ●● 陸から海への元素の移動と分布および拡散メカニズムを解明●● 身の回りの環境汚染・資源探査・自然放射線量評価のための基盤情報関東の地球化学図(全国図の空間分解能10倍の精密図)銅・北部地域の旧鉱山のあった 地域で顕著な高濃度・湾岸地域から東京湾へ高濃 度域が連続し、荒川などの 河川を通して東京湾に流入クロム・クロムを高濃度に含有する 緑色片岩が分布する関東山 地北部で高濃度・荒川、江戸川の下流域の高 濃度は過去のクロム鉱滓の 埋め立てによる汚染の影響 が考えられる自然放射線・カリウム、ウラン、トリウ ムの濃度から計算で求めて 作成(放射性セシウムの濃 度は影響しない)・茨城県北西部、栃木県北部 の高線量は、花崗岩類分布 地域とよく一致● 関連技術分野:地質情報、環境リスク評価、鉱物資源、コンサルティング● 連 携 先 業 種:鉱業、建設業、サービス業