産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

ライフサイエンス【創薬】

産学官で顧みられない熱帯病治療の新薬を
産学官で顧みられない熱帯病治療の新薬を最新技術と経験知の融合で創薬●● 非営利の国際貢献:G7 伊勢志摩サミット首脳宣言への対応●● 産学官の協働:産総研を中心としたコンソーシアムを組織●●シャーガス病:創薬標的の探索が技術的に困難であった疾病に注力顧みられない熱帯病 (NTD) は発展途上国で蔓延している感染症で、先進国が主導して対応すべき地球規模の保険医療問題です。近年、NTD への取り組みの機運も高まり、例えばアフリカ睡眠病などでは有効な治療薬開発が進みつつあります。一方で、同じ原虫症でありながら、その病原原虫独自の生理学的特性が創薬標的分子の探索を困難にしているものもあります。我々はその1つであるシャーガス病の治療薬創製に向け、コンソーシアム型 R&D をスタートしました。ここでは新技術による標的分子探索から医薬品候補化合物創出までを担います。シャーガス病の病原原虫Trypanosomacruziではゲノム解析は終了しているもののRNA干渉を用いることができないため、我々はCRISPR/Cas9によるゲノム編集によりT. cruzi生存に必須の遺伝子を同定し、創薬の標的候補とします。我々はCas9により効率良く遺伝子欠損株を作り出すことができる遺伝子組み換えT. cruziを作製しており、画像解析技術等を用いた高効率な表現型評価システム(ポスターB2-03)と組み合わせることで網羅的な標的探索を行います。また、SBDDシステムと連携し、効率的な探索研究を進めます。● 関連技術分野:創薬、感染症、画像解析、ゲノム編集● 連 携 先 業 種:製造業(医薬品)、製造業(機械)、医療・福祉業