産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ® On the Web]

所内ログイン中

研究テーマ

エネルギー・環境【再生可能エネルギー】

見えない地下を可視化して地下の熱利用を促進
見えない地下を可視化して地下の熱利用を促進地熱資源の活用技術と地中熱ポテンシャル評価●● 過酷な地熱環境に対応したモニタリングシステムの開発●● 不確定な地下情報の統合処理技術の開発●● 地域の水文地質特性に合った地中熱システムの開発とポテンシャル評価研究のねらい 地熱資源は安定かつクリーンなエネルギー源ですが、地下が複雑かつ不可視であることに起因して開発には困難がともないます。地熱チームではセンシングシステムから情報処理技術に至る一連の研究開発を通じて地下の状態に応じた適切な地熱開発の実現を目指しています。一方、日本における地中熱利用では、地下水の存在がシステムの熱交換量に大きく影響するため、その水位・流速の把握が重要です。地中熱チームでは、地質・地下水調査技術とシミュレーション技術を通じて、現地の水文地質環境に適した地中熱システムの利用を促進します。研究内容 地熱チームでは、高温・高圧の地熱環境下で使用可能な MEMS、光ファイバセンサや地熱井内での計測システム用素材の開発等を行うとともに、取得したデータの高度処理・統合化手法の研究開発を実施しています。開発した技術は国内の地熱フィールドで実用化されています。 地中熱チームでは、現地地質調査・地下水調査を実施し、地下水流動・熱交換量予測シミュレーションに基づく地中熱ポテンシャルマップを作成・提供しています。これらのポテンシャル情報により、地域の水文多様な情報の統合化による地熱貯留層の高度モニタリング地質特性に合った最適な地中熱システムの導入に貢献しています。連携可能な技術・知財・地熱分野で利用できる MEMS・地熱分野で利用できる光ファイバーセンサ・地熱研究開発に係るコンピューティング技術地中熱ポテンシャルマップの作成● 関連技術分野:地熱・地中熱、エネルギー資源、地下水● 連 携 先 業 種:製造業(非鉄金属)、製造業(電気機器)、鉱業