産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

研究テーマ

エネルギー・環境【創エネルギー】

ガスハイドレート特性を用いた機能活用技術
ガスハイドレート特性を用いた機能活用技術ハイドレート機能を用いたガス輸送等の省エネ技術●● LNG に代わる省エネルギー天然ガス輸送・貯蔵技術を開発●● 大きな融解潜熱を利用したヒートポンプ・蓄熱媒体を設計●● 環境に優しく効率的な CO2、 H2S などのガス分離・回収技術を導入ガスハイドレートの機能を活用した技術の開発・高密度にガスを包蔵・融解潜熱が大きい・温度変化に対する圧力応答性が高い・ガス種によって生成・解離条件が大きく異なる天然ガス輸送・貯蔵・備蓄①高いガス包蔵性:ガス密度が約170cm3/cm3②大きな生成・解離熱:質量あたり水の約1.3倍の潜熱③高い生成・解離差圧:273Kで約350kPa/K④高い反応選択性:ガスによって相平衡が大きく変化複合発電BOG処理動力作業媒体CNG代替燃料溶質の分離淡水化混合ガス精製ガス吸気冷却高効率発電ガスハイドレート機能活用技術体系天然ガス輸送・貯蔵やガス分離技術の開発・氷膜生成による分解抑制・セミクラスレートハイドレートによる常温・常圧におけるガス分離ガスハイドレートの高密度ガス包蔵性の活用(左上)メタンハイドレートの燃焼の様子(左下)ガスハイドレートの平衡曲線(右上)TBABハイドレートによるガス分離(右下)● 関連技術分野:省エネルギー、ガスハイドレート● 連 携 先 業 種:製造業(機械)、製造業(化学)