産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

エネルギー・環境【環境・安全】

化学物質の爆発危険性を評価しデータベースとして公開
化学物質の爆発危険性を評価しデータベースとして公開爆発災害を防止するための安全研究●● 産総研で評価した信頼性の高い化学物質の爆発危険性ファクトデータベース●● 関連学会誌横断検索、 国連勧告および消防法危険物分類試験等の情報を集積●● 爆風被害予測プログラム、 爆発シミュレーション等の基礎情報2,4-dinitrotoluene(NO2)2C6H3CH3 DNTCH3NO2NO2DSC divice:DSC8270BRigaku Corp.dT/dt: 2 , 5, 10, 20 K/minAtmosphere: AirVesel : pressure vessel (SUS)Rigaku Corp.Sample : TGI ( > 99% )a) 2 K/min103023804 J/g244<Average>Ta :253293To :303Ttop :QDSC : 3847Heat flow (W/g)2913032612940100200300400Temperature (℃)3890 J/g500℃℃℃J/g600化学物質の発熱分解挙動の例赤外線カメラAGEMA社製 THV900SW取得年月日: 2001/04/01計測例手筒花火の噴き出しの様子ビデオカメラによる映像(左)赤外線カメラによる温度分布映像(右)所有試験装置と計測例(火炎の2次元計測)● 関連技術分野:化学プロセス、危険物第 5 類、発火・爆発危険性、化学物質の安全● 連 携 先 業 種:製造業(化学)、製造業(石油・石炭製品)、製造業(非鉄金属)