産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

材料・プロセス【機能性材料】

新規構造制御により高気孔率と高強度を両立
新規構造制御により高気孔率と高強度を両立軽くて強いセラミックス多孔体の製造法●● 表面に低気孔率層を形成することで高強度化を実現●● 異方性の構造により超高気孔率化と高強度を両立●● 原料の種類によらず高気孔率セラミックス多孔体製造が可能発泡を利用した表面組織制御法(低気孔率表面層形成)発泡を利用した表面組織制御法(低気孔率表面層形成)製造プロセス製造プロセス粉末混合粉末混合mm低気孔率表面層 2低気孔率表面層 2 mm多孔質内部多孔質内部成形(プレス)成形(プレス)表面表面内部内部加熱発泡加熱発泡(内部の多孔質化と同時(内部の多孔質化と同時に低気孔率表面層形成)に低気孔率表面層形成)100μm100μm材料:アルミナ材料:アルミナ気孔率:60 %気孔率:60% MPa曲げ強度:約33曲げ強度:約33 MPa脱脂、焼成脱脂、焼成ゲル化凍結による組織制御法ゲル化凍結による組織制御法製造プロセス製造プロセス原料をゲル化性水溶液へ分散原料をゲル化性水溶液へ分散ゲル化ゲル化一方向凍結と乾燥一方向凍結と乾燥(氷結晶の昇華により気孔(氷結晶の昇華により気孔が形成)が形成)yyxx脱脂、焼成脱脂、焼成● 関連技術分野:多孔性材料、セラミックス材料、省エネルギー● 連 携 先 業 種:製造業(ガラス・土石製品)zz材料:ムライト材料:ムライト気孔率:89 %気孔率::89%MPa圧縮強度13圧縮強度:MPa:130.24W/mK熱伝導率熱伝導率:0.24 W/mK