産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

材料・プロセス【機能性材料】

口臭、疾患と関係のあるガス種を検知
口臭、 疾患と関係のあるガス種を検知早期診断技術に貢献するヘルスケア用ガスセンサ材料●● 非侵襲な健康モニタリングが可能な生体ガス計測●● 開発したガスセンサを搭載したヘルスケアデバイスを作製●● 一酸化窒素および硫黄化合物などを検知するガスセンサを開発5 mm9.59.5mmmmNOガスセンサ素子NOガスセンサ素子5 mm材料:Pd-Co3O4材料:Pd-Co3O4・Pd、Ptなどの貴金属触媒を高含有・高分散担持・数十ppbからのNOガスセンシングを達成・Pd、Ptなどの貴金属触媒を高含有・高分散担持NOガスセンサ応答NOガスセンサ応答・数十ppbからのNOガスセンシングを達成50.8 mm6.356.35mmmm硫黄化合物ガスセンサ素子硫黄化合物ガスセンサ素子50.8 mm材料:V2O5/WO3/TiO2材料:V2O5/WO3/TiO2・メチルメルカプタン(CH3SH)、硫化水素(H2S)を数十ppbから検知可能 3SH)、硫化水素(H2S)・メチルメルカプタン(CH・作動温度によって、CHを数十ppbから検知可能3SHとH2Sを区別して検知可能・作動温度によって、CH3SHとH2Sを区別して検知可能各硫黄化合物ガスに対する応答各硫黄化合物ガスに対する応答● 関連技術分野:センサ、ガス分析、酸化物材料● 連 携 先 業 種:製造業(ガラス・土石製品)、製造業(精密機器)、医療・福祉業