産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

研究テーマ

材料・プロセス【機能性材料】

生体膜タンパク質の迅速解析を可能にするツール
生体膜タンパク質の迅速解析を可能にするツール生体分子の高度輸送・分離を実現する脂質ナノディスク技術●● 難溶性の医薬品、 食品、 化粧品の有効成分を容易に可溶化●● 微小な膜環境を提供し、 膜タンパク質の構造と活性を維持●● ナノディスクに内包した生体分子の選択的な輸送・分離が可能脂質ナノディスクの製造及び制御技術『ナノディスクテクノロジー』特長界面活性ヘリカルペプチド親水面1522N 4E1118198A1CMC 2.7 × 10-5 MγCMC 51.2 mN/mKP12SE5S16E7リン脂質9LSα-へリックスT2VAK14L213 L10LFW20 nmTEM像粒子径を8 nmから19 nmまで自在に制御21K13F 617疎水面組み換えタンパク質を用いず、ナノディスクを容易に製造脂質ナノディスク(8 nm ~ 19 nm)水中で、6ヶ月以上安定用途膜タンパク質医薬品、食品、化粧品の有効成分を製剤化・処方(食品、化粧品成分)膜タンパク質のハイスループットな解析ツール輸送・分離担体● 関連技術分野:ナノ粒子、界面制御、バイオ素材● 連 携 先 業 種:製造業(医薬品)、製造業(食料品)、製造業(化学)