産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

IoT/CPS【設計・製造技術】

高導電率と高耐久性を両立
高導電率と高耐久性を両立カーボンナノチューブを用いた透明導電膜●● ITO に代わる高透過率、 高導電性の透明導電フィルム●●これまで課題であった導電性の長期安定性を大気環境下で実現●● 多様な基板に適用できる簡易な製膜技術を開発パルス光源による光照射処理導電膜絶縁膜hν処理前光処理で非導電性の高分子を除去室温・大気中プロセスカーボンナノチューブナノ粒子シート抵抗(Ω/□)ドーピング処理せず103濃硝酸による浸漬処理102パルス光による複合化処理025050075010001250経時変化(時間)光処理で複合構造を構築● 関連技術分野:カーボン材料、ナノエレクトロニクス、太陽光発電● 連 携 先 業 種:製造業(電気機器)、製造業(化学)導電性と長期安定性を両立