産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

エネルギー・環境【省エネルギー】

精密物性計測により材料の劣化を早期に検出
精密物性計測により材料の劣化を早期に検出未利用熱利活用のための熱電材料の評価技術●● 未利用熱利活用に向けた熱電材料の評価技術の研究開発●● 熱電変換性能の指標となるゼーベック係数や電気抵抗の測定技術●● 熱電材料の信頼性試験や新規材料の探索研究への応用展開熱電発電固体の熱電効果を利用した熱-電気直接発電方式未利用熱を電気エネルギーに変換し、再資源化小規模な熱源に最も適した温度差発電技術未利用熱自動車化石燃料熱電モジュール排熱工場や自動車等から使われずに放出される排熱焼却炉電力工場燃焼約70 %排熱熱電材料熱電変換の原理約30 %動力用電力用配管人体熱電発電温度差で発電する電子部品曲がるモジュール電気エネルギー熱電発電:小規模な未利用熱源に適した温度差発電熱電材料の評価技術の高精度化高効率で耐久性能の高い新規熱電材料の開発新原理にもとづく熱電材料の精密な測定技術を開発白金のゼーベック係数の僅かな温度変化の測定に成功ゼーベック係数 (μV/K)0-2-4微少な温度変化-6-8-10-12-14300350高温熱電材料熱電材料評価装置450500ゼーベック係数V低温400温度 (K)S∆V∆T白金のゼーベック効果の測定● 関連技術分野:未利用熱発電、熱電変換材料、計測技術● 連 携 先 業 種:製造業(化学)、製造業(電気機器)、電気・ガス・水道業