産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

エネルギー・環境【省エネルギー】

再生可能エネルギーの有効利用を支援
再生可能エネルギーの有効利用を支援ヒートポンプ・ORC 用作動流体の熱物性評価●● 気体~液体に関する高精度な密度(PVT 性質)計測技術●● 混合冷媒の気液平衡性質や、エンタルピー算出の基礎となる気体音速の精密測定●● 測定データ群にもとづく状態方程式を物性計算ライブラリとして提供熱力学状態方程式の開発とサイクルシミュレーション・体系的な実測データ群をもとに状態方程式を開発・流体物性計算ソフトウェア用のライブラリを提供・比熱・エンタルピーなど、すべての熱力学量を計算可能磁気浮上密度計によるPVT性質測定・-10~150 ℃、~20 MPaの範囲で圧力・密度・温度を測定・各種流体の蒸気圧、熱膨張率、圧縮率も評価可能気液平衡(VLE)性質・多成分系の沸点、露点および組成を測定・混合冷媒の実用化に不可欠なデータを提供気体の音速測定・-10~90 ℃、~1 MPaの範囲で音速を測定・理想気体状態(p=0)のデータはエンタルピー計算の基準に・気体の誘電率や粘性、熱伝導率の測定技術も開発● 関連技術分野:流体物性、状態方程式、ヒートポンプ、冷凍空調● 連 携 先 業 種:製造業(電気機器)、製造業(機械)