産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

材料・プロセス【機能性材料】

砂から有機ケイ素化合物を作る
砂から有機ケイ素化合物を作るシラノール類とシロキサン類の精密製造技術●● 種々のシラノール化合物を安定に合成できる反応を開発●●シロキサン化合物合成のための、シラノールのクロスカップリング反応を開発●● 高度に構造制御されたシロキサン化合物の製造に応用無水条件下によるシラノールの合成法開発従来法(加水分解法)の問題点塩化ケイ素加水分解シラノール極めて不安定合成可能なシラノールの例シリコーンシランテトラオールシラントリオールシランジオール重合orケイ素部材の主要材料2009年市場規模:115億ドル、生産量:年間123万トンアルコキシシランシロキサン合成の中間体水が存在する条件下では直ちに重合し、シラノールを単離することができませんシランテトラオールの紛体シリカの最小単位有機ケイ素化学産業の根幹を担う中間体不安定なシラノールを安定に合成し、粉体として手に取ることを可能にしました。無水条件によるシラノールの合成法開発R4-nSi(OCH2Ph)nベンジル保護+Pd/CH2(1 気圧) THF / r.t.シラノールR4-nSi(OH)n+O1n PhCH3無色透明結晶Si1安定に合成することが可能O2ベンジルオキシシランの水素化分解により、シラノールを無水条件で合成する事に成功しました高選択的なシロキサンの合成:金触媒を使用したシラノールのヒドロシランとの反応O2O1結合長Si–O 1.62 ~ 1.63 Å結合角O–Si–O 108.0 ~ 111.4°Si(OH)4の構造を世界で初めて明らかにしました。Si(OH)4の粉体化に世界で初めて成功しました。応用展開ゼオライト絶縁・封止・放熱材料等表面処理半導体絶縁膜の作成触媒検討バイオミネラリゼーション稲成長過程の解明・新規な構造の作成構造制御による性能の向上疎水化・親水化低温・低コストプロセス珪藻シリカの役割・構造制御法解明応用展開選択的な反応を開発することに成功電子・電気分野建設分野一般産業用合成可能なシロキサン化合物絶縁・封止・放熱材料等シーリング剤・コーティング剤O-リング、離型剤、消泡剤等高度に構造制御されたシロキサンパーソナル・ライフスタイルその他輸送用塗料・はく離紙・ハードコート剤等化粧品・コンタクトレンズ・ヘアケア等POSSの部分構造から高分子まで幅広いシラノールが利用可能耐熱・耐寒自動車部品、エコタイヤ等● 関連技術分野:触媒技術、有機ケイ素材料、表面処理● 連 携 先 業 種:製造業(化学)、製造業(ゴム製品)、製造業(ガラス・土石製品)