産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

材料・プロセス【機能性材料】

化学プラントのプロセス高効率化に向けて
化学プラントのプロセス高効率化に向けてイオン液体を利用したガス吸収および反応分離技術●● 不揮発性、 難燃性、 安定性に優れた環境負荷の少ない溶媒を利用●● 極低濃度から高濃度までの酸性・塩基性ガスや水蒸気を幅広い温度条件で分離●●イオン液体の特性を活かした高効率なガス吸収および反応分離技術de-COde-CO22 gasgasde-CO2 gassourcesource gasgassource gasref.ref.ref.absorptionabsorptionabsorptiontowertowertowerseparatorseparatorseparatorCOCO22CO2othersothersothersflashflash tanktankflash tankイオン液体を用いたCO2除去プロセス(左)と試験結果(右)イオン液体を用いたCO2除去プロセス(左)と試験結果(右)/N2透過選択性(右)イオンゲル膜2/N2透過選択性(右)イオンゲル膜(左)(左)とCOとCO2相分離型イオン液体を用いた分離反応プロセス相分離型イオン液体を用いた分離反応プロセス● 関連技術分野:グリーンケミストリー、化学プロセス、環境負荷低減● 連 携 先 業 種:製造業(化学)、製造業(その他製品)