産業技術総合研究所(産総研)の技術を幅広く紹介し、産総研シーズと企業ニーズのマッチングを図る情報サイト[テクノブリッジ On the Web]

ログイン

登録無料

会員登録

2016年

研究テーマ

材料・プロセス【機能性材料】

持続可能社会実現に向けた新材料開発
持続可能社会実現に向けた新材料開発高性能吸着材と水蒸気吸着・脱着速度評価と新たな用途●● 工業的な製造も可能な低コスト合成法による新規調湿材料●●デシカント用吸着材やヒートポンプ蓄熱材としての実用化に向け応答性を評価●● 省エネルギーを進めつつ快適住環境を実現させる調湿建材への応用に期待試料測定部及びオートサンプラー水蒸気発生制御装置部加熱制御部湿度計測部産総研が開発した高性能吸着材“ハスクレイ”熱分析装置による水蒸気吸着・脱着速度評価装置相対湿度40~70 %における吸放湿挙動を活用高性能調湿内装建材への応用を検討する、高性能調湿内装建材への応用を検討水蒸気吸着・脱着応答性評価結果に基づき、デシカントやヒートポンプ蓄熱材への応用を検討ハスクレイを配合した石膏プラスターの実証試験共同研究相手先企業が試作したデシカントロータ● 関連技術分野:省エネルギー、セラミックス材料、調湿材料、デシカント、ヒートポンプ● 連 携 先 業 種:製造業(その他製品)、建設業